中古ドメインを購入する上で効果の高いドメインを選ぶのが大事になってきます。被リンク数が多いと順位が上がりやすいが、あまりにも多すぎるのはあまりよろしくないと思います。その理由や質の良い中古ドメインの探し方を記載していきます。

中古ドメインの探し方のコツ

コスパの良い中古ドメインは存在する?探し方は?

中古ドメインの探し方について悩む男性中古ドメインを探すにあたって大切なのは自分自身の指標を持つことです。
中古ドメイン屋さんやその他ドメインを販売しているショップ・ラビエルといった中古ドメインを検索するツール(現在は販売していません)を使ってドメインが見つかっても、基準がなければ判断のしようがないものです。
上位に上がりやすいドメインとそうでないドメインがありますが、その区別をするにはドメインのバックリンクの質を調べるのが一番でしょう。
「hanasakigani」というバックリンク検索ツールやahrefs等のコンテンツやサイトを利用すればおおよそのバックリンクがわかります。
バックリンクドメイン数・アンカーテキスト・バックリンクサイトのランク、質を調べることである程度の評価ができるはずです。
またこれからサイトを作っていき、自分でバックリンクを追加しようとしているのであれば、バックリンクドメイン数やリンク本数が少ないドメインを探すのがおすすめです。
尚且つ、アンカーテキストが統一されている、URLやブランクになっているといったドメインであれば新しくリンクを入れても効果を発揮しやすいといえます。
ドメインだけで上位表示するわけではないので質の高いコンテンツを作ることは必須条件ですが、これらの基準をもとにドメインを探せばコスパの良いものが見つかるかもしれません。
グーグルのアルゴリズムではバックリンクドメイン数が一定数を超えるとリンク効果が軽減されるといわれています。
そのため過剰なリンクは好まれないのです。
ただ一定数を超えると公式サイトとして認められるという見方もあります。
どちらを目指すのかは利用者次第ですが、予算をできるだけ少なくしたいというのであれば前者がおすすめでしょう。
少ないリンク本数で高い効果が発揮できるようにバックリンクドメインの少ない中古ドメインを探してください
あとは記事を作成してトップページを強くする・下層のコンテンツを充実させる・スマートフォンに対応したサイト構成にする・画像や表などを使って滞在率を上げるなどの基本的な部分を押さえておけば、上位表示にも役立てるはずです。
キーワードの狙い方や競合サイトの強い、弱い。自社サイトの強みなどをまとめて他にない情報提供ができれば上位に表示される可能性も高まります。
中古ドメインや新規ドメインを上手に使い分けながら自分自身の戦略をもとに上位表示に役立ててくださいね。

中古ドメインの効果と注意点

中古ドメインのイメージ画像中古ドメインとは、過去に一度利用されたことのある、期限が切れているドメインのことです。
オールドドメインとも呼ばれています。
この中古ドメインは、SEO対策に有効とされており、GoogleのPageRankが高いドメインや、運営歴が長いドメインなどは高値で売買されています。
価格は、コンディションやドメインパワーによって違ってきますので、高いものは10万円以上するものもありますし、1000円・2000円という破格もあります。
最もやりやすい取得方法は、中古ドメインの検索サイトを検索し、ドメインを集め、またツールを使ってドメインの取捨選択をするのが一般的です。
期限切れドメインを集めて、調査&分析をして希望に合うものを取得できるため、ムダなコストや時間がかからなくてすみます。
中古ドメインの取得にはいくつかの効果があります。
新規のドメインと比べると、アクセスが集まりやすいという利点があります。
リンクを送った際の効果も高く出てくれます。
過去に使われていたときの被リンクをそのまま受け継ぐことが出来る、はじめからSEOに有利な状態でスタートを切ることができます。
また、新規のドメインの場合、取得すると検索結果にサイトが一定期間表示されないというエイジングフィルターがかかりますが、中古の場合にはそれらに影響を受けることがないのが利点です。
新規ドメインを取得した時とくらべると、だいたい1ヶ月~3ヶ月くらい上位表示期間の短縮が可能になっており、新規ドメインよりも、上位表示をしたいキーワードで上がってくる傾向があります。
ランキングでいうと、10~30くらいの違いとなってあらわれます。
しかし、注意点もあります。
新しく作ろうとするサイトと、過去に運営されていたサイトの種類が大きく異なっていると検索エンジンの評価が落ちてしまいます。
過去のものがアダルトや反社会的でないことも確認が必要です。サイト運営歴が長いものは、ドメインが強くなりますので確認しておいたほうが良いでしょう。
また、過去のドメインがブラックサイトとして扱われていた場合、取得をしてもペナルティを受けた状態である可能性があります。
ブラックリストは一覧がありますので、URLブラックリスト一覧に入っていないか事前にチェックしておかなければなりません。
さらに、被リンクの数や質も調べて、どのようなサイトにリンクされていたのかを把握おいたほうがよいでしょう。

中古ドメインの探し方のコツに関す投稿記事一覧

  • .milは極めて限定的な中古ドメイン

    中古ドメインの中でも、明らかに中古ドメインの市場に出回ることがないようなものも存在します。そうしたドメインを販売している業者は信用性があまりない業者である可能性があるのでしっかりと精査しなくてはいけません。例えば、ドメインの中でも.milはアメリカ国防総省やそれに準ずる組織が利用している極めて特殊なドメインであるため、

  • 中古ドメインの効果的な利用と複数ipと中文対策

    中古ドメインを利用してウェブサイトを立ち上げる方が増えています。利用する最大の利点はバックリンクと言われています。特にSNSでのバックリンクは価値が大変高いです。しかもSNSでのバックリンクはツールで作っても検索サイトで認められないケースが多いので誰かがリンクを張ってくれるのを待つしかありません。さらにSNSでのリンク

  • 無料の中古ドメインとは

    中古ドメインとは一度使用されたことのある期限切れのURLのことをいいます。中古でドメインを取得することはSEO対策に有効なことからもページリンクの高い運営歴が長いドメインを高い値段で売買されています。ドメインの更新期間は一年間とな

    無料の中古ドメインのイメージ画像